これだけは知っておきたい、アンチエイジング治療

知っておきたいしわ(シワ)取り注射ガイドHOME » 若々しい肌を保つ秘訣 » しわ(シワ)を予防するおすすめマッサージ

しわ(シワ)を予防するおすすめマッサージ

しわ取り注射の施術後にも実践したい、小じわを悪化させないためのマッサージと、気をつけておきたいポイントをまとめました。

しわを予防するマッサージ方法

パーツ別にマッサージ方法の一部を紹介します。強く刺激しすぎないように行いましょう。

【目元】

  • 清明という、鼻筋と目頭の間のくぼみ(目が疲れた時に押すところと同じです)にあるツボがしわに効きます。「気持ちいい」と感じるぐらいの力で指圧してください。
  • 目の周りの皮膚を、内側から外側に向かって指をすべらせます。強くやりすぎず、やさしくなぞってください。

【口元】

  • 地倉という、ちょうど唇の両端にあるツボがしわに効きます。内側にむかって円を描くようにしてください。
  • くちびる周りの皮膚を内側から外側に向かって、口角を持ち上げるようにして指をすべらせてください。

【額】

  • 額中という、額のちょうど真ん中にあるツボがしわに効きます。人差し指と中指で、円を描くようにして指圧してください。
  • 両手の指を額の中央にあて、くるくると小さな円を描きながら太陽というツボ(目尻と髪の生え際にある凹み)まで移動し、また額の中央まで往復してください。

しわ取りマッサージの注意点

しわを予防するマッサージは正しい方法で行わないと、逆にしわを増やしてしまう場合もあります。以下のポイントを守って、マッサージを行ってください。

強すぎる刺激を与えない

しわができてしまう肌は、コラーゲンやヒアルロン酸といった成分が不足し、弱っている状態です。圧力を加えすぎると、負担がかかって逆効果になってしまいます。肌への摩擦や刺激を抑えるために、クリームなどを使用すると効果的です。

筋肉の繊維にそってマッサージをする

血やリンパの流れは、筋肉の繊維にそっています。代謝を高めるためには、筋肉の流れにあわせてマッサージをする必要があります。間違った方向に肌を引き上げたりすると、筋肉が傷ついてしまうこともあるので注意してください。

無理にしわを引っ張らない

筋肉と同様に、しわを無理矢理引っ張ってはいけません。皮膚に圧力をかけることで、筋肉とのずれが生じたり、肌の奥の弾力繊維を傷つけてしまいます。それが原因でしわが深くなったり、新しいしわができてしまうのです。

小じわはマッサージで対策

「しわが出てきたけれど、目立たないから大丈夫」なんて油断は禁物です。しわは小さいうちから対処することで、深くなるのを防ぐことが出来るのです。マッサージは血行やリンパの流れを促進し、代謝を高めることで肌の調子を良くします。

洗顔をはじめ、乳液や化粧水などの基本的なお手入れも大切です。水分や油分の不足はしわの原因になります。日ごろから気をつけましょう。

 
ページの先頭へ
知っておきたいしわ(シワ)取り注射ガイドHOME » 若々しい肌を保つ秘訣 » しわ(シワ)を予防するおすすめマッサージ
知っておきたいしわ(シワ)取り注射ガイド